ミュウツー FRLG 固定乱数 臆病5V 理想seedを紹介


さて、今回は臆病5Vの理想seedの紹介です。

今回はキー入力による初期seed変化を利用してseedを調整します。

無事目的の初期seedを確認できたので備忘録も兼ねて書いておきたいと思います。
おしえテレビ未使用で4分程度でいけます。

ミュウツー以外の野生乱数にもどうぞ。

◎使ったもの

・DSLite
・リーフグリーン(初期版)
・CCTimer
・3gensearch

今回の紹介記事はリーフグリーン(AGB-E02-20)を使用しています。後期版やファイアレッドでは同じ初期seedの再現はできません。

◎設定

はやい/みない/かちぬき/モノラル/ヘルプ/タイプ1に設定します。

 

◎キー入力について

キー入力のやり方は様々なブログで紹介されていますが、今回教えていただいた方法は、ゲーム起動から初期seed決定までセレクトボタンを押しっぱなしにする方法です。

この起動画面でAボタン+selectボタンを押すと同時にタイマーを開始します。
selectボタンは押しっぱなしです。
初期seed決定まで(タイマー終了時のAボタン長押しまで)selectを離さないように。

タイマー終了時にAボタンを長押しして画面切り替わるくらいまでselectを押し続けます。

この方法により、事前に調べていた初期seedを変化させることができます。

“キー入力無しの初期seed - 1”

ほぼこのような変化が起こるようです。

 

◎待機時間・ずれ調整

初期seed決定
4116F

目標初期seed  C93C
C93D→C93Cを狙います。

初期seed一覧
(これはキー入力無しの一覧)

4F34
7775
C0BE
0DF0
533F
9A65
0FA2
32FA
7BC2
C6A6
0D30
5082
9F11
0750
340E
7C7C
C93D  ☆
0F6F
5816
EA88
31FE
766F
B205
F9A4
6FCD
971E
E674
2D80
7846
BEFD
081D
77A3
A0AC
E10F

C93D よりも1つ上のseedが出たら1F待機が短い
C93D よりも1つ下のseedが出たら1F待機が長い

環境が同じならFを調整すれば簡単に再現できるはず。

◎この初期seedから捕獲できる個体

個体決定まで
固定乱数10635F
野生乱数10500Fらへん
(スロットにより候補が複数あります)

調整はツールで行ってください。

臆病31-28-31-31-31-31

この個体が4分ちょっと(ゲーム起動から戦闘開始まで)でチャレンジできるのはなかなかだと思います。

すこし長く感じるかもしれませんが、いろいろなポケモンに使えそう??

ミュウツー臆病5Vが実現しやすくなりました。
野生のゴース、ケーシィにも使えます。
孵化乱数ではボールがモンボになってしまいますし。

最新作のソード&シールドでカウンターゲンガーで暴れませんか??

試してませんが、おそらくサファリでラッキーとガルーラにも使えます。
リボンつけまくれる投げラッキーや投げガルーラ、しかもサファリボール。
追記:野生でメソズレしたらドンマイということで・・

恒例の【捕獲してないシリーズ】です。
初期seedの確認のみですみません。皆様頑張って。

投稿者: トノ

ポケモンが好きです。 ライブドアブログでブログを運営していましたが仕様変更によりでこちらで続きを書こうと思いました。 コメント大歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)