サンムーン 乱数調整 初期seed 特定方法

サンムーンでの固定シンボル乱数やUB乱数、配達員乱数に必要な初期seedの特定方法について書きます。
様々なブログ等で紹介されていますが、自分が困った点など気を付けていることなどを改めて振り返りながら書いていきたいと思います。
自分自身、まだまだわからないことばかりですが徐々に高度なこともできるようになりたいです。
今から第七世代で乱数をやってみようという方に向けて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

第七世代の乱数は簡単に大きく分けると、3段階の工程になります。
①初期seed特定
②現在位置確認
③目標個体が出るように調整する

もちろん作業はもう少し複雑です。
①の初期seedはゲームをリセットするたびに変わるスタート地点のようなものです。ゲームを始めるたびにスタート地点が変わるので毎回特定する必要があります。
スタート地点が判ったらツールで③の目標個体(6vなどめざパ理想等自分の望む個体)を見つけてそれを目標に作業していきます。目標個体=ゴールのようなものです。
この初期seedを判別できないと何もできません。

準備
パソコンが必要になります。
必要なツールをダウンロードします。
今回必要なツールはこちらになります。

SMEncounterRNGTool.v1.06 ダウンロード

言語は基本英語になりますが、UBの乱数はこのツールがかなり便利です。
シンクロの可否もかなり正確に対応している印象。
多くの人が使っているであろうPokemonSunMoonRNGToolは日本語で使いやすく、ID調整や孵化乱数に対応していますが現時点のVer.2.10ではUBは・・

ですが両方ダウンロードして使い分けるのが一番いいかも・・・

PokemonSunMoonRNGToolダウンロード

それでは実際のやり方になります。

スポンサードリンク

初期seed特定方法

①乱数を実際にする場所でセーブする。
固定乱数なら固定シンボルの前で、配達員乱数なら配達員の前で、UB乱数ならUBが出現する場所でセーブします。

②L+R+START同時押しでソフトリセットする。

③オープニング画面の音楽が鳴ったらAを押す。

④”続きから はじめる”の画面の時計の針を確認する。
”続きから はじめる”の画面に切り替わった瞬間の針の開始位置か針の表示が消える瞬間(主人公の画像が写る瞬間)の終了位置のどちらかを確認します。オススメは終了位置です。
この針の判別が苦手な人が多いようです。私もその一人です。
ですがスマホで録画をして再生、巻き戻しすれば見逃してもやり直せます。
スマホ録画だと針の開始位置は光で判別が難しいので終了位置だと簡単です。
ツールには開始位置でも終了位置でも入力できます。

この画像はわかりにくいですが針の終了位置です。顔の画像に針が透けて見えます。もうすこし前で止めても判別できます。

⑤ツールに針の位置を入力する。
さきほど確認した時計の針の位置をツールに入力します。
Toolkitのタブを押して”Start position”か”End position”どちらかにチェックを付けます。針の開始位置で入力なら”Start position”、終了位置で入力なら”End position”。
画像をクリックすることで入力します。17個の画像が並んでいます。
画像をクリックすると自動で数字が入ります。一番左の画像なら0、一番右なら16が入力されます。もし終了位置で入力なら一番左なら13、一番右なら12が入力されます。
針の開始位置から4個分進んだ場所が終了位置なので”Start position”か”End position”の設定により結局は針の開始位置が入力されているのです。

今回は終了位置で”4″の針の位置を入力しました

⑥Bを押してオープニング画面に戻る。

⑦ ③~⑥を最低8回繰り返して初期seedを特定する。
8回で特定できる時もあれば、10回かかる時もあります。

この場合は8回では3個の候補に絞れただけなので9回目の針を入力します。
9回目で初期seedを特定できました。

このような手順で初期seedを特定させます。
途中でNot Foundという表示がされたらどこかで針の入力を失敗していることになります。ソフトリセットしてやり直しになります。

注意点は、ソフトリセット後必ず1回目の針から連続して最低8回針の位置を確認しないと初期seedを特定できません。

慣れないうちは大変ですが、慣れれば録画して再生しながらでも2分程度、録画しないで見分けられる人なら1分程度で初期seedを特定できます。

下準備ができたので実際にゲームを開始して乱数調整作業に移ります。

②現在位置特定方法

UB乱数 やり方

スポンサードリンク

 

投稿者: トノ

ポケモンが好きです。 ライブドアブログでブログを運営していましたが仕様変更によりでこちらで続きを書こうと思いました。 コメント大歓迎です。

「サンムーン 乱数調整 初期seed 特定方法」への1件のフィードバック

  1. 初期シードを求めようとしたら、「Unable to connect to the remote server」と表示されるのですが何が原因なのでしょう。針の位置を8つ入力すると毎回表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)