FRLG 乱数 理想個体 ② ID厳選 色違い

理想個体をファイアレッド・リーフグリーンで狙うのにはID厳選は必要ありません。前回の記事で紹介した通りの初期seedを使えば乱数可能です。↓

前の記事:FRLG 乱数 理想個体 ① 初期seed集め 初期シード一覧

しかし、ID厳選は色違いの理想個体を入手するには通らなければならない難関?です。

スポンサードリンク

なぜ、ID厳選なのかというと、ファイアレッド・リーフグリーン・エメラルドではID調整が現時点では不可能だからです。
RSやHGSS、DPtなどのようにゲーム開始までの単純なフレームでIDとSIDが決まるわけでなく、解析不能なIDの決定方法・そしてIDが決まった瞬間からゲーム開始までのフレームでSIDが決まるという使用により実質不可能ということです。

ですが、単純にニューゲームから始め適当な個体を第六世代まで送りIDとSIDを調べていたのでは時間がかかりすぎます。
色々な方々が作成してくれた便利なツールを使うことにより、理想個体が出るIDとSIDを効率よく調べることが可能になります。
そのツールと簡単な使い方を紹介させて頂きます。

こちらのサイトでダウンロードできます。↓
リンク:http://sina-poke.hatenablog.com/entry/2016/06/19/140614
①TID for SID
IDとSIDから自分のロムのSID決定までのずれ(空白時間のようなもの)を計ってくれます。
私のロムの場合、名前決定(このときID決定)からゲーム開始(SID)決定まで1500Fで進めると実際は1695FのSIDが出るようです。
おおよそ190~200Fの間という報告がされているようです。

ここでA押すとID決定
img_20160926_195409

ここでA押すとSID決定
img_20160926_195446

次は実際にID厳選に移ります。

スポンサードリンク

②Shiny+Search+from+TIDseed
このツールは①で求めたズレを基に、IDから色違いにしたい性格値が光るSIDかどうか判断してくれるツールです。
仮にIDが2678だった場合、1695F前後に目的のSIDが出る可能性があるかを確認し、可能性がある時のみ第六世代まで送ればいいわけです。
このツールがあればIDを見ただけで判別できるのです。

ssft

ただし、理想個体を狙うとなると何十時間もかかる可能性があります。実際私も臆病理想のID/SIDを引くのに15時間ほどかかりました。
しかも私の場合は同時に複数DSを使っていたので実際はこの何倍もかかると思います。陽気理想のID/SIDは20時間やってもまだ出ません。。。。
意地っ張り理想は2回も出たのに・・・・

皆さんもチャレンジしてみては?4V程度なら簡単にID調整できるので。
サンムーンで理想個体に仕上げればOK。。

次は実際の乱数に入ります↓
FRLG 乱数 理想個体 ③ 色違い 乱数

投稿者: トノ

ポケモンが好きです。 ライブドアブログでブログを運営していましたが仕様変更によりでこちらで続きを書こうと思いました。 コメント大歓迎です。

「FRLG 乱数 理想個体 ② ID厳選 色違い」への2件のフィードバック

  1. はじめまして今さらながら質問させていただきます私は今LGで乱数をしている者なのですがこの記事の最後についている次の記事のリンクをクリックしても[お探しのページが見つかりません]と表示されて記事が見れなくて困っています何とかしていただけないでしょうか?

    1. はじめまして。
      すみません、諸事情がありまして現在非公開になっています。
      固定乱数のやり方自体は他のブログ等に書いてあるので調べてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)