FRLG 野生乱数 アンノーン 色違い

2か月以上ぶりの記事になります。
今回は久しぶりにFRLGの乱数調整になります。
ファイアレッドにてアンノーンの色野生乱数をしました。



今回は久しぶりにFRLGの乱数をするということもあり以前調べた初期SEEDが再現できるかどうか、タイマーの微調整を通常の野生ポケモンで行ってから挑みました。

FRLGの初期シードはROMの製造時期やファイアレッドかリーフグリーンかどうかのバージョンの違い、言語違い(USAとEURに違いがあるかは未検証)等により共有できないので面倒です。

今回は以前調べた日本語のファイアレッド後期ロム?でやったので初期seedはある程度の確率で再現取れました。私のタイマー止めの精度がもう少し高ければもっと楽に成功できるのですが・・

3世代の乱数調整では3gensearchが有名ですがアンノーンでは使えません。
今回は3gen_unownというツールを使わせて頂きました。

どの文字を色違いにするか・・・

結局”T”を色違いにすることにしました。



“T”にした理由はTNのトノから”T”にした、わけではなく、初期seed再現~個体乱数まで2分程度で行え、なおかつ多少ずれても色違いになる個体を狙ったからです。(簡単にできる個体を狙ったのです。。。)

TID/SID 03938/28448

初期seed E67A
5885F or 5887F or 5893F

5887F狙いでやりました。もしかしたら5885Fが出たかもしれません。
それどころか5893Fかもしれません。
しかし、成功は成功ということで・・

このまま全文字色違いにしてコンプなんてことはしません、できません。
どなたか前人未到(誰もやってないよね?)の3世代で色アンノーン全文字コンプやってみてください。



 

投稿者: トノ

ポケモンが好きです。 ライブドアブログでブログを運営していましたが仕様変更によりでこちらで続きを書こうと思いました。 コメント大歓迎です。

「FRLG 野生乱数 アンノーン 色違い」への1件のフィードバック

  1. 失礼します、もしジラーチ余っているなら指をふるジラーチ恵んでください!お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)