ポケモン FRLGのID厳選について 機械に頼ってみる

FRLGのID厳選について私が行ってみたことを書いてみます。arduinoを使用してID厳選を行ったので賛否両論かと思いますが・・



FRLGやエメラルドのID調整は不可能だと思います。

2019年になってもTIDの決定方法がわかりません。
仮に、わかったとしても手動では制御できないと思います。

最近、私はTID/SIDの厳選にarduino+サーボモーターを使用して厳選を行っています。

arduinoについてわからない方は各自調べてみてください。

こんな感じに強引にボタンを押させます・・

ID調整は不可能ですが(現時点では)、arduino+サーボモーター等で物理的に任意のタイミングでボタンを押させることでTIDを再現することができます。(再現確率が高いTIDとかなり低いTIDがありました)。
ただし、好きなTIDを出せるのではなく数百回、数千回とTID厳選をして気に入ったTIDが出るまで繰り返します。ここまでは手動でも機械に自動的にやらせても同じことをします。
しかし、機械レベルの精度なら全く同じタイミングでTID決定まで進めれば同じTIDを出すことができます。
TIDが再現できるならSIDの決定方法はわかっているのでTIDを再現しつつタイミングを計り任意のSIDを狙います。



 

1000回ちょっとでTID 00000がでました。寝ている時も機械が厳選してくれます。

00000が出たのはいいのですが、機械で再現しようとしてもサーボモーターという”物理的に”ボタンを押している為かなかなか00000の再現ができませんでした。

ちなみにarduinoは1000分の1秒単位で動作を指定できますがサーボでは体感60分の1秒くらい(1Fくらい)は平気でずれます。

あとよくサーボモーターが壊れます。。

同じタイミングでID厳選をしてもだいたい50回に1回00000が出るかどうかくらい?00000出るまで再度繰り返し行いSID調整を行います。

SIDはTID決定タイミングから1F単位で変化します。
TIDを16進数にしたものを初期seedとして決定します。

今回はTID 00000 SID 38454(10274F)にしました。

こんな感じでID厳選できるよ、という内容でした。
少しポケモンの記事とは違うかもしれませんね。。



 

投稿者: トノ

ポケモンが好きです。 ライブドアブログでブログを運営していましたが仕様変更によりでこちらで続きを書こうと思いました。 コメント大歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)